考えの整頓

通常価格
¥1,760
割引価格
¥1,760
通常価格
在庫切れ
単価
translation missing: ja.general.accessibility.unit_price_separator 

佐藤雅彦 著
2011年10月刊
四六判/上製/288ページ
ISBN978-4-7660-0171-6



本誌で人気の「考えの整とん」を単行本化しました。この本を読むと、何気なく見過ごしている日常のあれこれが、これまでとは違って見えてくるかもしれません。目の付けどころの違いに、新鮮な驚きを感じながら読めるエッセイ集です。


目次

「たくらみ」の共有

敵か味方か

おまわりさん10人に聞きました

~と、オルゴールは思い込み

物語を表現する力

中田のスルーパスと芦雪

もう一人の佐藤雅彦

想像料理法

広辞苑第三版 2157頁

この深さの付き合い

もうひとつの世界

ハプニング大歓迎

ものは勝手に無くならない

はじめての彫刻

見えない紐

ふるいの実験

言語のはじまり

無意識の引き算

小さな海

意味の切り替えスイッチ

船酔いしない方法

シラク・ド・ウチョテです

耳は口ほどにものを言い

板付きですか?

一敗は三人になりました

「差」という情報

その時

著者

さとう まさひこ
表現研究者。1954年静岡県生まれ。東京大学教育学部卒業。株式会社電通を経て、1999年、慶應義塾大学環境情報学部教授に招聘される。2021年より、東京藝術大学名誉教授。代表作に、プレイステーションソフト『I.Q』、NHK教育テレビ『2355』、『0655』、『ピタゴラスイッチ』など多数。 脳科学の知見に基づく表現の研究や、科学実験を通して、研究室の卒業生で構成されるクリエイティブグループ・ユーフラテスと共に、「ある考え方」「新しい分かり方」を基とした映像や表現、教育、研究発表など、枠組を限定しない独自の試みと活動を続けている。