「暮しの手帖」とわたし

通常価格
¥1,885
割引価格
¥1,885
通常価格
在庫切れ
単価
translation missing: ja.general.accessibility.unit_price_separator 

大橋鎭子 著
2010年5月刊
四六判/上製/274ページ
ISBN978-4-7660-0165-5



太平洋戦争下の防空壕の中で、家族を支えるために思いついた「知恵を売る仕事」は、敗戦後、平和が戻って、雑誌「暮しの手帖」として実りました。
二十代後半から60年あまり、熱い思いを持ち続けて「暮しの手帖」に生きた大橋鎭子が、ともに雑誌を支えた花森安治との出会い、リュックを担いで書店をまわった創刊当時のこと、商品テストなど独自の記事を作りだした編集室の様子、「すてきなあなたに」の誕生秘話などを語りました。


目次

花森安治と出会う

子ども時代、そして父と母、祖父のこと

第六高女時代

戦時中の仕事、そして暮らし

「暮しの手帖」の誕生

「暮しの手帖」一家

手紙でつづるアメリカ視察旅行

「暮しの手帖」から生まれたもの

すてきなあなたに

付録「暮しの手帖」から

著者

おおはし しずこ
1920年生まれ。1948年、花森安治らと共に雑誌『暮しの手帖』を創刊。1969年、『暮しの手帖』第2世紀1号より、「すてきなあなたに」の連載を始め、1994年、同エッセイにより東京都文化賞受賞。生涯を出版に捧げ、2013年に永眠した。