一銭五厘の旗

通常価格
¥2,530
割引価格
¥2,530
通常価格
在庫切れ
単価
translation missing: ja.general.accessibility.unit_price_separator 

花森安治 著
1971年10月刊
B5判/上製・函入/340ページ
ISBN978-4-7660-0026-9



この本の題の「一銭五厘の旗」とは庶民の旗、ぼろ布をつぎはぎした旗なのである。この本の全部に、その「一銭五厘の旗」を振りかざした著者の正義感があふれている。正義感ということばは正確ではないかもしれない。しかし、それに代わる適当な言葉が見つからない。よこしまなもの、横暴なもの、私腹をこやすもの、けじめのつかないもの、そういう庶民の安らかな暮らしをかき乱すものすべてに対する著者の怒りとでもいったらいいだろうか。(刊行当時の「毎日新聞」書評より )
『暮しの手帖』の基礎を築いた初代編集長・花森安治の思いが詰まった自選集、今なお輝きを放ちます。1972年(第23回)読売文学賞随筆・紀行賞受賞作。


目次

塩鮭のうた

札幌

戦場

なんにもなかったあの頃

商品テスト入門

見よぼくら一銭五厘の旗

酒とはなにか

1ケタの保険証

もののけじめ

リリスプレスコット伝

重田なを

千葉のおばさん

まいどおおきに

大安佛滅

日本料理を食べない日本人

結婚式この奇妙なもの

漢文と天ぷらとピアノと

お互いの年令を10才引下げよう

世界はあなたのためにはない

どぶねずみ色の若者たち

8分間の空白

医は算術ではない

広告が多すぎる

うけこたえ

美しいものを

煮干の歌

武器をすてよう

無名戦士の墓

国をまもるということ